社会保険労務士の資格を取得する|講座の受講で知識アップ

婦人

伝わる文章にしたいなら

履歴書

他人からのチェックが大事

志望理由書はとても重要な書類であることはいうまでもありません。どのような理由で志望したのか、それが的確にわかりやすく伝わるようになっていないと印象を大きく落とすことになります。けれど、自分の書いた志望理由書が、過不足なく、要領よく読む人に伝わるものになっているか、文章としてきちんとしているか、というのは自分の目ではなかなか判断しづらいものです。というのは、自分では自分が何を書きたいのか当然知っていますから、自分の書いた文章を読んでもわかるように書けているとどうしても思ってしまいがちだからです。添削を受けるメリットは、なんといっても他人の目で自分の文章を見てもらえることです。自分では気づきにくい自分の志望理由書の欠点を客観的に指摘してもらえます。せっかく他人からの添削を受けるのであれば、やはりプロの添削サービスを受けるのが一番です。望ましい志望動機書とはどんなものかを知り尽くしたプロの目で、わかりにくいところ、文章が不自然なところ、具体性が足りないところ、逆に過剰に詳しくなりすぎているところなどをしっかりと指摘してもらえます。効果的な文章の組み立て方や、よりよく伝わる言葉の選び方などについての実践的に役に立つアドバイスももらえます。もちろん誤字脱字や文法ミスなどの添削もしっかりとしてもらえます。プロの添削を受けて、その内容を活かすことで、確実に質の高い志望理由書を書ける力が身につきます。